FC2ブログ

記事一覧

『光のお父さん』第2話を見た感想

*ドラマのネタバレがあるので注意してください。
NETFLIXで『光のお父さん』の2話目「お父さんが消えた」を見ました。
最初に光生(みつお)の子供時代の回想のプロローグからはいります。
「僕は父さんに遊んでほしいと言えない子供だった」
光生は勇気を出してお父さんに「遊んで」と言いますが、仕事に疲れていたのかお父さんは寝ていまた。
そのまま光生は一人でキャッチボールに出かけて、一人でボール投げをしていたら転んでしまい、周りのキャッチボールをしている親子をうらやましそうに眺めます。
「あの頃僕は父と一緒に遊びたかった・・・」という暗~い場面から始まります。

う~ん、これは残念な改変ですね。
これではお父さんは仕事一筋で子供と遊ばない父親にしか見えない・・・。
ブログの第9話に出ていた子供の頃のエピソードでは、お父さんは補助輪なしで自転車に乗れるように息子の練習に付き合っていた話があるのにこれでは原作とはまったく違うお父さん像になってしまいますよ(`・ω・´)

ドラマオリジナルの会社のシーンでは、女性社員が登場。
光男は会社の課長から女性社員がすぐに会社を辞めてしまう原因を突き止めろというミッションを受けます。
原因を突き止めるために仕事にやる気のなさそうな新入社員の正田陽子から理由を聞き出そうとしますが拒否されてしまいます。ちょっと女性社員キレすぎでは?(;´Д`)ヾなんであんなにキレているのだろうか?

エオルゼアの世界に入って、キーボードを手に入れたお父さんに「こんにちわ!」と話しかけにいくマイディー。
大杉漣の声で「あ、あ・・・」と、発するお父さん。マイクテストだろうか?と思った次の瞬間
「あああああああああああああああああ」と喋り出すお父さん。次に「うわあああああああ」と叫んで逃げていきます。
なんのホラーかとwおかしくて笑えましたw
その原因はキーボードが壊れていたからと判明し、光生はエモートを使い方をお父さんに教えてあげます。

しかし、ある日突然大事件が発生。父親がFF14にインしなくなります。
光生がお父さんにゲームはどうしたのかと尋ねると
「辞めたんや」
引退かー。早いですね。どうしてか理由を聞くと、雪国で周りはコートなのに自分は半袖で恥ずかしかったからでした。
これはブログと一緒ですね。
ここでブログ第6話のネタ「吉田ァァァァァァァァァァァーーーッ!!!」が出てきます。
ブログではマイディーがドアップで叫んだ後に、ネタの解説を入れていましたが、ドラマでは解説はなし。 →(確認をしたらブログでも解説はありませんでした。ネタの解説:ネットゲームスレでは何かあるとゲーム開発者の名前を叫んで怒りをぶつけたりすることがよくある)
プロデューサー吉田の名を何度も叫んでサンドバッグに攻撃をするマイディーが映っていました。
ドアップで吉田と叫ぶだけでもよかったとは思うけど、それだと知らない人はわけわからないかな?

初心者はささいな理由で辞めるということをお父さんから学んだ光生は、会社でも正田陽子から会社を辞めたい理由を聞き出すことに成功します。
オンラインゲームでの経験が生きてリアルでも役に立ったというお話でした。オンラインゲームのいい面を広めたいというマイディーさんの意思が反映されたエピソードになっていますね。
ただ、もうちょっと話を練れる余地はあっったのではないかなと思います。オリジナルなので無理はいえませんが。

そして最後になぜか1話で戦っていたトレント・サプリと再び戦うお父さん。それを助けに向かうマイディー。
1話と同じシーンですね。デジャヴ(・ω・)
助けてもらったお父さんは、光生に教えてもらったエモートで「ひざまずく」実践。
教えたエモートを使うお父さんを見て嬉しそうに目を細めるマイディー。
それはそれでいいんですが、「ひざまずく」でOPの再現を見ても、エピローグからのこれまでのアレコレが釈然としなくて「ふーん」という感じでしたね。
今回は「あああああああああ」シーン以外パッとしない回だったなー、と思ったその次の瞬間
子供時代の回想の続きが入ります。転んだ光生の前に現れるお父さん。

このシーンで涙がブワッと出ました(´Д⊂

そしてしゃがんで靴紐を結び直してくれます。
それがマイディーの前にお父さんがひざまいている今のゲームの画面と重なります。

今回の話しでは昔は父親が自分を助けてくれましたが、今は自分が父親を助ける側に回っているという立場の逆転を描いているんですね。
こうしてみると、ED場面で二人乗りのチョコボに乗ってるシーンでマイディーが前に乗ってお父さんが後ろに乗ってるというのもなんだか象徴的ですね。
うまいですね~。原作ブログと同じように前置きエピソードの回収をするとは。
最後に評価が大どんでん返しされました。
今回もいいお話でした!

ただ、泣けない人や論理を重視する人には今回のエピソードはちょっと退屈だった人もいるんじゃないかとは思います。
とりあえず次回の『光のお父さん』も楽しみです!(*'-')
関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

『FFXI FAN EVENT 2018 #FF11メッセージ』

プロフィール

seazoo557

Author:seazoo557
カテゴリを問わず面白いストーリーを求めて旅をしています。オンラインゲームはFFXIやDQXなどをやっています。

旧ブログ

スポンサーリンク