FC2ブログ

記事一覧

『光のお父さん』第7話「光のお父さんは本物の光の戦士だ。」を見た感想

*ドラマのネタバレがあるので注意してください。
光のお父さん』第7話「光のお父さんは本物の光の戦士だ。」を見ました。
今回でいよいよ最終回です。はたしてお父さんの運命やいかに・・・!?光のお父さん計画は完遂できるのか!?

最初は光生の子供の頃のシーンから始まります。
お父さんに手品をしてもらい、すごいと思った光生はお父さんにタネ明かしをせがみます。
タネを知って手品が魔法でも何でもなく、タネさえわかればごく当たり前のことであったことに拍子抜けした光生。
「夢は夢のままであるべきなのだ。僕は手品のタネを聞くべきではなかった。」
と後悔します。
この話はブログにもありましたね。

そして現代のゲームの場面になります。いつのまに大迷宮の5層に着き、最後の敵のツインタニアに挑んでいるマイディーとお父さん一行。
それまでの階層の途中の敵との戦闘は見事にすっとばされています。
ゲームをやってない人には詳しい戦闘シーン入れてもわからないからしょうがないね。尺もないからね。
ツインタニアの戦闘曲はFF3の中ボスの曲ですね。好きな曲の1つです

ゲームを楽しんでいる父に対し、自分の正体をバラすべきか、バラさないべきか光生は迷います。
そんな光生の前に大きな壁ツインタニアが立ちはだかります。
マイディー達は勝つことができずに敗戦が続きます。
ここでは珍しくゲームの解説が入ります。ツインタニア戦では誰か一人がたった一度でも失敗したら即終了。通称・大縄跳び。おそろしい!(((゜д゜;)))

ツインタニアに負け続けたまま2週間が経過します。
励まし合い、和やかに冗談を言い合うFCメンバー達。
段々と緊張感がなくなってきたメンバー達にマイディーは危機感を抱きます。
もしかしてアルちゃん、きりんちゃんの他のFCメンバーがセリフを喋ったのはここが初
クリアできず失敗が続くことで、そのうち励ましの言葉も届かなくなる。
「数々の友情や信頼を断ち切ってきた最強の敵ツインタニア」
俗にいう絆ブレイクというやつですね。仲間や友だちと挑むも難易度が高くて失敗が続き、人間関係にも亀裂が入るという・・・。
光生は考えます。元々お父さんが何を考えているかを知るのが目的だったし、エオルゼアでは本音も話せるようになったし、十分成功だ。もうこれで終わりでもいいかと思った矢先、
お父さんがみんなに3日後に病院に入院すると告白します。
光生はこのことを知っていたのだろうか・・・(´Д⊂
お父さんは「生きて戻ってくるつもりですが、ひょっとしたら戻ってこれないかもしれません。悔いを残したくない」と語ります。
マイディーはそれまでに勝てなければ無期限で戦いを凍結すると宣言。絶対に勝つと気合を入れるメンバー達。

そして最終日。
気合が入りまくりの光生は、うっかり会社で「ツインタニア」と言います。会社の人たちは「?」顔。会社の人にFF14をやっているとバレましたね。でも他にやっている人はいなさそうでしたね。
ここからゲーム中で謎の修行シーンが始まります。
滝に打たれながら肉体美を披露するお父さん。拳法で組手をするマイディーたち。船の舳先の上で剣を振るうきりんちゃん。鍛冶で剣を叩いている人。
これはツインタニア戦の練習をしているんですかね?それとも単なる精神統一??
最後は一列になって夜の砂丘を歩きます。星空がきれいです
次は丘を下る一行。ここ、空が赤いので夕焼けだと思ったら朝焼けだったようです。(/ω\)見分けが付かなかった。

いよいよ最後のツインタニア戦。
「押せ!」と顔のアップ。 ゲーム画面ではキャラが必死に敵を倒してます。
「押せーっ!」 の連発と顔のアップが続きます。ここは押せで押し通すんですねw
そして最後は「うりゃーーーーっ!」とお父さんの弓の一撃でツインタニアを倒します。
リアルでも声を出して「やったー!」と喜ぶお父さん。驚いたお母さんが「どうしたの!?」と聞きにきます。
光生はお父さんに自分の正体を言う決意をします。

「おめでとう!!・・・お父さん!」
しばらくの間
「ありがとう!アルちゃんさん、キリンちゃん!」
お父さん見事にスルー。そもそもわからない人は、それが自分に対して言われてるってことに気づかないものです。
「はい!注目!みんな!注目!エオルゼアは楽しかったですか?お父さん」
「お父さん?もしかして・・・この中にお父さまがいらっしゃるんですか!?」
とまたしても気づかないお父さん。
「これからもずーぅっとよろしくお願いします。メイデーさん!」
名前はまだ間違えたままでした。
しかしリアルでは「お父さん・・・・?お父さん・・・!?」と呟いて何かに気付いた様子のお父さん。これはブログではマイディーの正体を知った時と同じ反応なんですよね。気づいたかどうかはハッキリとはされていませんが、私は気づいた方に1票です(・ω・)∩

会社で光生は同僚の正田陽子からラブロマンスものの映画に誘われます。しかし、こういうの苦手だからと断って「鈍い」と言われる光生。すまない、これは恋愛ドラマじゃないんだ。
そして海外勤務に行っていた袴田がニューヨークから戻ります。支社長の娘に手を出して失敗したようです。
「俺はあきらめんぞ!がんばる!がんばるぞ!」とやっぱりポジティブな袴田。

病院の場面になり、お父さんは「病気なんて大した敵やない。すぐに治してな、帰ってくる」と言って手術室へ向かいます。
「父さんは本物の光の戦士なのかもしれない。そう思った」
私はFF14はβテストしかプレイしていないので、FF14での光の戦士がどういうものかは詳しくはわからないのですが、ドラマを見た限り、光の戦士とはどんな困難の中でも絶望的な状況であろうとも、あきらめずにがんばる人、希望の光を持ち続ける人なのだと思います。
 
1年後。
お母さんが涙を流しながら部屋に入ってきます。
お父さんに何かがあったのかと思いきや、扉をノックして入ってくるお父さん。お母さんが泣いていた理由は大ファンだった韓流スターが婚約発表したからだそうです。
お父さんからゲームの画面を慌てて隠す光生。まだお父さんには正体を気づかれていないと思っているみたいです。
お父さんは光生にゲームでの立ち回りを聞きます。
「ゲームの中の友達に聞けばいいんじゃない?」
「できるようになってな。みんなをビックリさせたいんや」
そして一緒に楽しそうにゲームをする親子。 
「光のお父さん計画。それは僕が愛してやまないFF14の世界へ父を誘い、正体を隠しながら、壮大な冒険を共にする、親孝行計画である」

どうやら計画はまだ続行されているようです。これからもずっと仲の良い親子でいてほしいですね(*^▽^*)
楽しい話をありがとうございました!
関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

『FFXI FAN EVENT 2018 #FF11メッセージ』

プロフィール

seazoo557

Author:seazoo557
カテゴリを問わず面白いストーリーを求めて旅をしています。オンラインゲームはFFXIやDQXなどをやっています。

旧ブログ

スポンサーリンク