FC2ブログ

FF11 第81回 ~【ネタバレ注意】『蝕世のエンブリオ』Part.4 ウィンダス中編~

ログインポイントで三度笠をゲットしました。
【やったー!!】


さっそく和風の装備と合わせてみました。

29232055a.jpg

浴衣 with 三度笠
なんか三味線が似合いそうな姿になりましたな。ハーァ、ペペンッ♪

風水士のAFとも合わせてみました。

29232152a.jpg

風水士の頭のAFは赤い三度笠なので、そんなに違和感ない、かも。


それでは、『蝕世のエンブリオ』の続きをやっていきます!ジャカジャンッ♪

【あらすじ】
天の塔へ行くと、クピピとシャントット博士が揉め事を起こしている場面に出くわす。
起こった問題を解決するべく、探偵として出動することに。
天の塔で働いているタルタル達から聞き込み開始。
しかし、彼らの事件当日の記憶は、なぜか曖昧だった。
それぞれに要求されたアイテムを探しに、船に揺られてプルゴノルゴ島へ行ったり、クロウラーの巣へ行ってロランベリーをカゴに入れたりと世界中を駆けずり回る。
クピピにホワイトベリーを渡すと事件の真相が判明する。
シャントット博士との事件の原因は、クピピに問題があったということが明らかになったのであった。


前回、最後に話しかけるのを忘れていたシャントット博士に事件の経緯を報告。事件解決のお駄賃として20000ギルがもらえました。アザーッス!(`・ω・´)ゞ

29234348a.jpg

もう一度シャントット博士に話しかけると、話が進みます。
今回の事件で当日の記憶があやふやな人物がたくさんいておかしいでーすわ!と、この件の奥底に潜む巨悪を感じたシャントット博士から再び探偵の出動を命じられます。
そして、シャントット博士はクピピに対し、「巨悪の調査を手伝うなら院長服の件は許す」ことにします。とりあえず、これでクピピの命は助かりそうですね(´▽`)


クピピの元へ戻ると、また何か問題が起こっているようです。

29234821a.jpg

どうやら「秘密の部屋」を守っていた「キング・オブ・スペーズ」というカーディアンが行方不明になってしまったようです。
カーディアンとは手の院で作られているカカシで、ウィンダスの兵士ですね。名前についているトランプのナンバーは階級を表しています。

「秘密の部屋」の名前は「人形の間」。
なんかウィンダスミッションかウィンダスのクエストで聞いたことがあるような、ないような。
しかし「秘密の部屋」と聞くと『ハリー・ポッター』を思い浮かべてしまう。

シャントット博士からの「巨悪の調査を手伝うなら院長服の件は許す」という申し出をクピピに伝えると、「キング・オブ・スペーズ」がさらわれたのも巨悪のせいに違いないと思った(決めつけた)クピピにより、またしても天の塔の1階で聞き込みを頼まれます。

以前に聞き込んだタルタル達から話を聞くと、どうやら東サルタバルタの魔法塔の辺りが怪しいということが聞けました。さらに戦闘があるということが仄めかされます。優しい(*´ω`*)
しかし情報が東サルタバルタの魔法塔ってだけでは、困ってしまいますね。
東サルタバルタは広い上に、塔が離れた場所に3つはあった気がします。
まぁ、場所のヒントがもらえるってだけでもありがたいですけどね。


まずは南にある魔法塔へ。
塔の中に入るけど、何も起こらず。
ここではなかったようです。エスケプしてマップ中央の魔法塔へ。
中央の魔法塔の中に入っても、何も起こらず。
・・・・・・
なんか途方もなく手詰まりな感じがしたので、FF11用語辞典で場所を調べてみることにしました。

どうやら中央の魔法塔の裏にイベントポイントがあったようです。そんなの、見つけられませんがな(´・ω・`)
地面の上に光っているポイントを発見。

30000516a.jpg

光っているポイントを調べると、イベントが発生。

30000911a.jpg

ヤグード達に魔法人形を返せと迫るカーディアンの姿。どうやら行方不明になっていた「キング・オブ・スペーズ」のようです。
逆にヤグード達に迫られているように見えますが。今にもボコられそうな雰囲気。助けに入るよ!(`・ω・´)
もう一度イベントポイントを調べると戦闘になります。

戦術は前回の「ディスティニー デストロイヤー団」と戦った時と同じ。
スリプガ2で眠らせてから各個撃破。
連携に合わせてマジックバーストをすると敵がすぐに沈みました。逆にマジックバーストしないと、なかなか敵のHPが減らなかったり(・ω・)

30001018c.jpg

拍子抜けするほどあっさりと勝利。いやー、戦闘の手順って大事ですね。

倒したヤグード達は魔法人形を持っておらず、ボロボロの「キング・オブ・スペーズ」は天の塔に帰ります。
魔法人形を取り戻すためにずっとヤグードを追っていたんですね。魔法人形を守れという命令に従っての行動とはいえ、健気に思えて泣けます( ;∀;)


天の塔に戻ると、クピピから「キング・オブ・スペーズ」の報告が聞けます。
その際に、シャントット博士とコルモル博士がやってきます。コルモル博士は耳の院の元院長で魔法学校の校長先生。

30001819a.jpg

「キング・オブ・スペーズ」からの報告では、盗まれた魔法人形は、有名な大魔道士が残した魔法人形とのこと。
クピピはおびえて大魔道士の名前を言うことができない様子:(´◦ω◦`):「名前を言ってはいけないあの人」なのか。
博士達の推理によると、犯人は犯行の発覚を遅らせるために忘却魔法を使用。
しかしカーディアンは魔法人形なので魔法が効かず。
なのでヤグード達がカーディアンを引き付けるための囮となったということのようです。
しかし、ここにきても未だに巨悪の正体はハッキリとはしないのでした。

今回の働きのお駄賃として20000ギルをゲット。チャリチャリげっとーщ(゚Д゚щ)
そして今回の働きにより、クピピはシャントット博士から院長服の件を許され、「ドギューン!」となっていたのでした。よかったねぇ。
しかしなんで「ドギューン!」?一体どういう状態なんだろう?(;・∀・)キニナル


記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。
Copyright (C) 2002 - 2021 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.
関連記事

コメント

非公開コメント

seazoo557

カテゴリを問わず面白いストーリーを求めて旅をしています。オンラインゲームはFFXIやDQXなどをやっています。

全記事表示リンク

旧ブログ

メールフォーム

※記事の内容や使用されている画像の権利について申し立てがある場合には、こちらへご連絡ください。