FC2ブログ

FF11 第83回 ~【ネタバレ注意】『蝕世のエンブリオ』Part.6 サンドリア前編~

ログインポイントで水鏡の盾を交換しました。
パンパカパーン♪


Mikagaminotate.jpg

この間の「シールドデザインコンテスト」で最優秀賞を取ったデザインです。かわいいですね~。
タルタルが持つと小さい・・・w

それでは新シナリオ『蝕世のエンブリオ』を進めていきましょ~(σ・∀・)σ

【あらすじ】
ウィンダスで魔法人形が盗まれるという事件が発生したので、探偵として黒幕の調査に乗り出すことに。
ヤグードの宝物庫に侵入したが、魔法人形は見つからず、ヤグードから「伝説の卵」となら取り引きをすると持ち掛けられる。
その後、なんやかんやでスターオニオンズ団から「しょうこひん」を渡されて、大人なら暗号を解いてみろとに言われるが、解けずにピンチに陥る。が、答えが分からなくてもストーリーは無事に進行する。
そしてスターオニオンズ団と協力して、盗まれた魔法人形を取り戻すことに成功。
最後に魔法人形は「カオス」という名前を呟いて停止する。
さらにガラズホレイズの禁書により、「伝説の卵」の名前が「蝕世の卵」であることが明らかになる。
はたして「蝕世の卵」とは一体何なのか?
謎が多くてまさしくカオス!


今回のお話の舞台は、エルヴァーンの治めるサンドリア王国。
ドラギーユ城にいる宰相のハルヴァーに話しかけると、ストーリーがスタート。

Halver.jpg

今度ヴィルゴ侯爵家で舞踏会が開かれ、そこに第一王子であるトリオン王子も招待されるそうです。
しかしトリオン王子はダンスが苦手で、毎回口実を見つけては逃亡を図ろうとするらしい。
というわけで、不測の事態を防ぐべく、腕の立つ冒険者である自分に、オークの動向を探る協力をするように頼まれます。
ちなみにハルヴァーは、舞踏会で出会った女性と結婚したそうです。どうやら舞踏会とは、男女の出会いの場になっているようですね。

お次は、王立騎士団長のラーアルの元へ。

Rahal.jpg

ダンスが得意なラーアルが、いきなりダンスを披露してくれました。なんでやねん!

dance.jpg

羽も舞っています。これは花が舞う的な表現ですかね。知らないけど、きっとそう。

serprised.jpg

ラーアルから、オークの最新の動向を知るために、ダボイに潜入している王立騎士団の斥候のクマリコンから調査報告書を受け取ってくるように頼まれます。

サバイガルガイドを使ってダボイの入り口へ飛びます。
ダボイとはオークがたくさんウロウロしている場所。昔はレベル上げの狩場としてもよく使われ、トレイン事故がよく発生していた場所でもあります。オーク達が帰っていくまで、ジャグナー森林で雑談しながら待ち続けたものです。懐かしい。

てっきり入口の木の陰に隠れているエルヴァーンがクマリコンかと思ってたら違っていました。
あちこちを探した挙句、マップの北側にいるのをサーチで発見。
タルタルのいる櫓の上まで探しに行っちゃいましたよ。
途中の修道窟でOrcish Dreadnoughtに襲われて焦ったり。レベル99でも襲われるんですねぇ。まぁ、敵の攻撃はスカスカで、自分には当たらなかったですけどね。

道をウロウロとしているエルヴァーンがクマリコン。

maigo.jpg

迷子スキルがMAXでダボイから出られず、彷徨い続けているもよう

クマリコンから話を聞くと、ダボイには今、クォン大陸の北にあるオーク帝国から来たと思われる使者が現れているそうです。
オーク達は「卵」を巡る情報を集めているようですが、その動機が分からないため報告書を書けずに困っているとのこと。
その「卵」についての全容を探るため、オーク帝国の使者が届けた「地図のようなもの」を奪ってくるように頼まれます。

「地図のようなもの」を受け取ったオークは修道窟にいるもよう。
修道窟への入り口は4つあった気がします。
とりあえず、近くの修道窟から探していきますが、それらしきものは見つからず。

修道院へ向かう途中の修道窟で、イベントポイントを発見!
調べると、いきなりオークが出現して戦闘になります。

sentou.jpg

ですが、敵は一匹なので苦戦せずに倒せました。
倒すと「オーク帝国の作戦図」をゲット。
クマリコンの元に持っていくと、これはボスディン氷河の地図だと解読してくれます。
ボスディン氷河に「卵」があるんですかね~。カチンコチンに凍ってそうですが。
ラエブリームが持っていた卵の殻は、ボスディン氷河のものとは思えないのですが、もしかして「卵」は複数ある?(。´・ω・)?
クマリコンから調査報告書をもらい、ラーアルのところへ帰ります。

ラーアルに調査報告書を渡すと、クエストクリア。お駄賃として20000ギルゲット。
ラーアルによると、まずは北に続く道であるラングモント峠の守りを固めるそうです。「峠のTaisai」で有名な場所ですね。
今、ラングモント峠には得体の知れないモンスターが現れているとのこと。どんなモンスターなのか気になりますね。黒いゴブリンじゃないことを祈りますw
トリオン王子の耳に入らないように、事は慎重に進められるようです。


ハルヴァーに話しかけると、新たにクエストスタート。
オークの事はさておかれ、舞踏会の話になります。

前にトリオン王子がヴィルゴ侯爵家の舞踏会へ行ったとき、なぜか体調を崩したため、薬が用意できそうかどうか、薬草に詳しい庭師のシャルヴァトに聞いて来いと言われます。

ローテ王妃の庭に入るとイベントに。
庭ではトリオン王子の妹のクレーディ王女と、庭師が噂話の真っ最中でした。

garden.jpg

どうやら舞踏会でクリルラがテュロム伯爵家の嫡男とダンスをするようです。
クリルラとは神殿騎士団長で、幼い頃にトリオン王子との試合で片目を失った女性(・ω●)トリオン王子は何かと彼女のことが気になっているみたいです。
庭師のシャルヴァトに薬について尋ねると、クレーディ王女から薬の材料となる花の「キンノキリンソウ」を手に入れてくるように頼まれます。
「キンノキリンソウ」はアットワ地溝に咲いているそうです。

クリスタルからアットワ地溝へ飛びます。
中央に走る細長い道の真ん中ら辺で採集ポイントを発見。一本道ではなく、途中で脇道から大回りしないといけないので、ちょっと進むのが大変。

attohwa.jpg

草刈鎌で採集して、「キンノキリンソウ」をゲット(σ・∀・)σ

gathering.jpg

キンギン財宝ザックザク!あっそーれ♪草もザクザクーッ!

クレーディ王女に「キンノキリンソウ」を渡すと、サンドリア王家の秘密を教えてくれます。
実は「キンノキリンソウ」は薬どころかその逆で、トリオン王子とクレーディ王女は「キンノキリンソウ」に対してアキレルー反応、ではなくアレルギー反応があるそうです。
ペパーミントがあれば、症状は治まるりますが、これは内密にするように言われます。
これは自分が処分すると、クレーディ王女は「キンノキリンソウ」を持って去るのでした。
「無理なお願いをして大変な苦労をさせた」と申し訳なさそうに言っていた割りに、報酬をくれないクレーディ王女なのであった。

ハルヴァーには薬が用意できたと報告して、お駄賃として20000ギルをゲット。
ハルヴァーによると、トリオン王子のダンスのパートナーだったクレーディ王女が体調を崩したので、代役を決めなくてはならなくなったようです。
本来ならトリオン王子の下手なダンスについていけるクリルラが適任だそうですが、今回はテュロム伯爵家の嫡男とダンスがあるので困っているようです。
冒険者にも分かるようにいうと、初めてのダンスとはお見合いのことだそうです。ほーん。
奥手な兄のために気を利かせて、ワザと体調を崩したクレーディ王女ですが、はたして作戦は成功するのか!?


今回のお話は、これまでもちらちらと匂わせていたトリオン王子とクリルラの恋愛に焦点を当てたものになりそうです。
余計なお世話な気もしますが、二人の恋愛が無事に完結できるといいですねぇ。
あといつかトリオン王子の下手なダンスが見てみたいですね┌|∵|┘
舞踏会で自分が踊るような事態にならないことを祈りつつw


記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。
Copyright (C) 2002 - 2021 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.
関連記事

コメント

非公開コメント

seazoo557

カテゴリを問わず面白いストーリーを求めて旅をしています。オンラインゲームはFFXIやDQXなどをやっています。

全記事表示リンク

旧ブログ

メールフォーム

※記事の内容や使用されている画像の権利について申し立てがある場合には、こちらへご連絡ください。